2006慰安旅行 外湯めぐり(投稿者 J)

何と言っても、自分にとってメインは外湯巡りです。 少ない時間の中、なんとかして7つある外湯を制覇しようと、宿で渡されたMAPを元に考えます。 ※行く前に調べておかない所が、自分らしいと言えばらしい 夕方からしか開かない湯があり、そこを優先的に回ろうと決定。 計画としては、12/2の夜に、3件、12/3の朝に4件となりました。 しかし、 「どうしても、絶対! ガンバ大阪の試合を見るから行かない!寒いし」という方が一人いらっしゃったのと、「一人で行くから」という方、合わせて2人を除いて5名(h2さん、iwaさん、ina2さん、MGR、私)で出発。 sotoyu01.jpg 下駄を履いて歩くので「裸足」。 あれ?裸足って・・・この方々、宿に着く前「裸足の人を笑っていたような気が」(笑) まんだら湯 sotoyu14.jpg 桜並木が続く裏通り?を経て、最初に着いたのは「まんだら湯」 本当は夜なんですが、写真がブレてわかりにくかったため、朝から撮影しに行きました。 ここは、外に桶風呂(露天)があり、「かなり熱い」お風呂です。 ちょうど、外湯めぐりをしていた他の人も「ここが一番熱い」と唸っていました。 ※実際には次の「鴻の湯」のほうが熱いらしいのですが・・・ 鴻の湯 sotoyu04.jpg sotoyu05.jpg 2番目の「鴻の湯」まで来ると、またまた天気が悪くなり、時折雷鳴が聞こえてきます。(2つ目の写真) 一番はずれにあるせいか、それとも天気が悪いためか、他の湯に比べて人入りが少なかったように感じました。 しかし、少し体が温まっているせいか、「熱い!」と感じることもなく、ゆったりと湯船に入ることができました。 源泉・足湯 sotoyu06.jpg 鴻の湯から次の「柳湯」まで歩いていると、右手に源泉・足湯が見えてきたため、「せっかくだから入ろう」という話になりました。 ina2さんから「ジェラートを食べながら入る」と提案があり、足湯に入ろうとすると・・・「ぬるい」 それでも私が、「決めた以上は、ジェラートを食べながら入りましょう」と言って5人でぬるい足湯にしばらく入ることに。 ※また、MGRがジェラートのカップを返すときに、お店の扉に指を詰めるという負傷をしております。 柳湯※写真撮り忘れ sotoyu03.jpg 途中、「御所の湯、一の湯」という所を飛ばし柳湯へ (御所の湯、一の湯は朝から開いているので、朝行けば良いとこの段階では思っていました) 「柳の下を掘ったら湯が出てきた」とかで、柳湯という名前だったような気がします。 ちなみに、この「柳湯」の前は、川に沿って柳が植えられています。(上記写真) ※iwaさん、h2さんとはこの間で別れ、お二人は一の湯で行かれました。 御所の湯 sotoyu07.jpg 名前と関係あるかは別にして、一番豪華な雰囲気の湯です。 本当は、この日は3つで翌朝4つ考えていたのですが、ここまでのペースを考えると翌朝4つ行くのは不可能だと判断したため、急遽、道を戻って入ることにしました。 浴室内も豪勢?な感じです。 この日最後の湯ということもあり、露天にゆったりと浸かり、ジェットバスっぽいものを堪能しました。 そして、次の朝・・・ 6時半に起床し、内湯で温まってから、またまた外湯めぐりスタートです。 8時半の食事の時間に間に合う必要があるため、ペース良く回ります。 私と一緒に行動したのはina2さんとMGRで、h2さんとiwaさんは残っている湯が違うため別行動です。 さとの湯 sotoyu08.jpg 途中、文芸館前の冷たい足湯に驚きながら、てくてくと歩くこと10分ほど、駅前にある「さとの湯」に到着です。 開店前ですが、すでに行列ができており、「もうちょっと、早く出るんだった」とちょっぴり後悔。 間違いなく、お風呂の種類は一番多く、特にサウナが充実です。 女性用と男性用で種類も違うようで、女性用にある「ペンギンサウナ(冷温サウナ)」は男性用にはありません。 3階の露天風呂に出ようとすると、「バラッバラッ」と霰が降ってきて、「いでででっ!」と言うはめに・・・ 地蔵湯 sotoyu10.jpg 外観は面白い建物の地蔵湯ですが、中に入った感想は 「うわ、人だらけ」 7つの外湯の中では、一番混んでおり、湯船に浸る場所を探してしまうほどでした。 ちょうど、別ルートで回ってたh2さんとiwaさんにもここで出会いました。 一の湯 sotoyu12.jpg 最後に訪ねたのが「一の湯」です。 この目の前が宿となっており、ここを出て、戻ってすぐ食事という算段です。 洞窟風呂が目玉?ですが、私が入ったときは、4人ほどが入浴していただけでした。 最後の湯ということもあり、ゆっくりと入り、休憩コーナーでだらだらとさせていただきました。 温泉街らしいカット sotoyu02.jpg sotoyu11.jpg
このページのトップへ