猿の話2 (投稿者:ina1)

ina2さんの猿のお話で思い出しました。 数年前、志賀高原の熊の湯スキー場に行った時のことです。 スキーを楽しんで前山リフトから宿泊ホテルに戻る帰り道、猿が近くのホテルの屋上辺りをウロウロとしているのを見ました。その時は遠い距離で身の危険も感じなくて軽い気持ちで「あ、猿や」なんて呑気に話していたのですけれど・・・。自分の部屋に入って一息ついていると窓の外で軽い叫び声がします。なんと猿が窓から窓に(木から木のように)飛び移り餌を探しているようです。よく見るとホテルの窓は猿が侵入しないように?柵が作ってあります。物珍しさからか、どの部屋の人たちも猿の見物。もちろん、ina1も。そうこうしていると猿が私達の部屋の窓に来たのですが、牙も見えて凶暴そうでとても怖かったでした。 翌日は一度も猿を見る事はなかったのですが、ina2さん宅も窓の開放等に十分気をつけて下さいね。 また、伊賀市のある地域の方から聞いた話です。自分の畑で俯いて作業をしているお母さんの肩を「トントン」とたたく人がいるので後ろを振り返ると猿だったそうです。その猿はなにもせずにどこかに行ってしまったのですが、仲間と思って来たのでしょうか。何か話したいことがあったのでしょうか・・・。 それから、もう一つ。今度は鹿の話です。 数年前、ゆめが丘本校の駐車場を数匹の野生の鹿が森林公園に向かって走っていました。 まるで奈良公演にいるようなそんな気分でした。本当ですよ、h2さん。 森林公園の近くには警戒標識もあります。皆様ご注意くださいね。
このページのトップへ