印象に残った映画 イルマーレ (from h2)

 ina1さんの言うとおり、クロアチアは強敵ですが、今後は加地に期待です。 それにしても大韓民国サッカーチーム頑張っていますね。 今回は大韓民国チームに敬意を表して、韓流映画 (ちょっと古い) を紹介します。  先日BS-2で映画 「イルマーレ・・・Road Show:2000年」 を観ました。 これで3度目になります。 何度観ても新しい発見があって、お薦めしたい映画の一つです。  「イルマーレ」 はイタリア語で海という意味で、その名のとおり、海に建つ家 「イルマーレ」 が舞台です。  「イルマーレの郵便ポスト」 を通じて、時空の異なる2000年に生きる女性と1998年に生きる男性との、手紙のやりとりから、やがて純愛に発展するという内容です (SFではありません)。 a.jpg             ↑ 海に建つ家 イルマーレ  簡単にあらすじを紹介します。  1997年末、建てたばかりの 「イルマーレ」 に引っ越してきたソンヒョンは見知らぬ女性ウンジュから手紙を受け取ります。  その手紙には 「イルマーレに住んでいた者です。私宛の手紙が来たら、新しい住所まで送って下さい」 と書いてあります。 しかも、手紙の日付は2年後の 「1999年」 になっています (この手紙が一つの伏線です) 〜 から映画が始まります・・・・・いつしか二人は文通を通して・・・・・。そして、ウンジュが住む2000年に会う約束をします。  でも約束当日、約束場所にソンヒョンが来なかったのです(どうして来なかったのか? がもう一つの伏線となります)。 そしてエンディングへ。 これ以上を話すと、映画を観る面白みが、半減しますので、これ以上は映画を観てください。  イルマーレの素敵なところ! ・映像が繊細で美しい。 特にイルマーレの舞台が、透明感のあるパステル画のようです。  イルマーレに一度は住んでみたい。 ・登場人物が少なく、物語的にすっきり構成されています (年配者には、配役を容易に覚えられる)。 ・時を越えての愛、といった、ちょっとSF的なテーマでもあり、エンディングがどうなるのか? 興味深々。 ・派手さがないが、都会的で洗練されたイメージ。 ・素直に泣ける映画です。 西田敏行ならきっと大粒の涙でしょう。
このページのトップへ