餅 (from h2)

 皆さん、お正月は餅を沢山食べられましたか? %CC%B5%C2%EA.jpg  私の家では、昨年末、孫が餅つきをしたいなんて言うものですから、臼と杵を持ち出して庭で餅つきをしました。  孫は餅で熱心に機関車トーマスなどを作って遊んでいましたが、出来上がりはトーマスならぬ、雲?を作ったのでは、と思える出来映えで、血は争そえないな、と思いました。  餅は搗きたてでは、もち肌で形容されるとおり、暖かくやわらかで、触った感触も結構気持ちいいものです。 でも、冷めて来ると急激に硬くなります。  私はおろし餅や納豆餅が好きで、わが家では良く作りますが、搗きたてだと、冷たいおろしの中に入れると、すぐ固まってしまうので、一旦、餅を熱湯に浸けて柔らかくして、おろしとともに、頂きます。  これが、食べ飽きたおせち料理の胃の中に、心地よく入っていき、あたかも胃を清めている感覚になります。  餅は地域により、丸餅と角餅の地域に二分され、伊賀の方は一般に丸餅との事ですが、私の家では、物心ついたときには、すでに角餅でした。  どうも、私の父は、超合理主義でして、角餅の方が、作るのが楽 (四角い箱の中に入れて、固まったら切ればいい) なのと、保存に場所を取らないと考えた為だとか・・・・・伊賀に於いての異端児だったようです。  でも、何故今頃になって、餅のニュースを書いているかというと、実は年末搗いた餅が、今だ、大量に冷蔵庫の中を占拠しており、おろし餅を食べただけでは追っつきません。  今もおろし餅を食べたあと、ブログを書いています。  次の休日も餅を食べるはめになりそうです。 あぁ、しんど・・・・・
このページのトップへ