07年度第1回若年者を迎えて (from h2)

 この10日に桜の花とともに、22名の若年者がゆめが丘の本校に入ってきました。  今回の若年者は、桜満開の季節に、入ってこられたからなのか、元気な若やいだ雰囲気いっぱいです。 春の若葉の芽がほころぶ季節に、若やいだ人が、ゆめが丘へ、なんてまるで、石坂洋二郎の小説 (失礼、若い方はご存知ないでしょうね。 石原裕次郎の 「陽のあたる坂道」 や 「若い人」 を書いた作家です) に出てくる風景のようです。  毎回感じることですが、不思議とそれぞれのクラスにより、教室に個性があることです。 元気な教室であったり、静かで大人びていたり、社会に接した事のない方々が多かったり、とまちまちです。  今回のクラスは、二日目からお互い打ち解け、早速芝生のベンチで春風を受けながら食事をしたりと、とても初対面の方たちの集まりとは思えない、雰囲気が漂っています。  春爛漫の季節に集まり、夏の暑い盛りに再び別れるわけですが、ここゆめが丘と、インターンシップでの経験が、各人の知識・知恵になり、実社会で活かせて下されば幸いです。
このページのトップへ