ちょっとかわって、美味しい? お薦め (from h2)

 これまで食べた 「(名前や形が)ちょっとかわって、美味しい?」 おすすめを紹介します。  コメントの内容とHPの場所は、不一致な場合がありますので、私の評価と食い違うかも知れません。 ご容赦くださいませ。 なお著作権の都合とブログの品位上、一部画像を掲載できませんので、紹介しているHPの方をご覧ください。 †.伊賀の 「かたやき」   http://www.katayaki.co.jp  伊賀の皆さんは当然ご存知のものですが、全国的にはヘェーという代物です。 地元(この度の合併で、伊賀市市民になりました)に敬意を表して、最初にしました。 小さい頃からの馴染みです。  土産に持っていくと、すごくインパクトがあります。 なんといっても木槌付きが、演出効果があって喜ばれます。 もらった人は、“「旨い!」とは一言も言いません!”が、由来などや、忍者の話などで盛り上がります。 アルテナ.jpg†.神戸 ケーニヒスクローネの 「壷アルテナ」   http://konigs-krone.co.jp  梅干の壷に入っているアルテナ(栗入りスポンジ)です。 「これはケーキ?」と、最初もらった時、びっくりです。 食べ方も良くわかりません。 誕生日、バレンタインや、そのお返しなど、絶対に覚えてくれる事、請合いです。 とっても面白く、又美味しいです。  電子レンジなどでホットにして頂くと、焼き栗の香りとホクホクした栗の味がたまりません。(右は抹茶タイプ! チョコレートタイプもあるよ!) †.熊本 潮神社の 「おっぱいマシュマロ」   http://www6.ocn.ne.jp/~shyo/index.html  その名のとおり、姿・形ピッタリで神のマシュマロです(なにか?の霊験あらかたとの事)。 ピンクとホワイトがあります。 鹿児島での、酒宴の席で話題になり、ある日会社に送られてきました。 リアルなので、食べる時は奇妙な気持ちです。  姿・形に興味ある方は、HPアドレスにアクセスしてください。 ちゃんとしたお菓子屋さんが売っていますので、ご安心を。 四日市 トンテキ1.JPG†.鈴鹿 来来憲の 「とんてき」   http://www.geocities.co.jp/Foodpia/5045/  亀山から四日市に行く途中、国道一号線の左側に、どでっかい赤い看板があらわれます。 興味半分で入ってみましたが、グローブそっくりの大きさと形をしたビフテキ、いやブタなのでトンテキです。 量があって、とても食べきれない代物ですが、空腹時にはガッツクでしょう。  名古屋界隈や、サーキットのお客さんには、結構名前の売れている店のようです。 †.嵯峨野で売っていた 「丹波黒豆甘納豆」   http://www.kuromame.co.jp  皆さん、ご存知かもしれません。 その名のとおりですが、通常の甘納豆とちがい、少し歯ごたえがあり、甘み抑えてコクがある味です。  嵯峨野のトロッコの車窓でボリボリ食べると、結構おつなもので、病み付きになります。 ビールのおつまみにもなるかな? 栗きんとん.jpg†.恵那の 「恵那栗きんとん」   http://www.enakawakamiya.co.jp  これも“きんとん?”。 お節料理の定番の栗きんとん(イモをペーストして大粒の栗を混ぜたもの)を連想すると全く異なる物なのと、和菓子の中で一番といって良いほど好きなので取り上げました。 この“きんとん”は栗を蒸してつぶしたものを、栗の形に仕上げたものです。薄茶色をした、絞り模様の付いた落ち着いた感じです。  甘みをかなり抑えてあり、それが栗と、その渋皮の味を、上品に引き出しています。(あ、これは季節もので、秋のみの限定です) †.宇和島の 「鯛めし」   メールアドレス適当なの見付けられません  鯛めしと言えば、一般的には、焼き鯛とお米を一緒に炊いたものを連想しますが、宇和島の鯛めしは、連想とは全く異なるので取り上げました。  松山の知人の是非のお薦めで、一本松に行った折、宇和島の駅前で食しました。鯛の生の切り身をタレに浸したものと、色とりどりの海草が、ご飯の上に乗っており、生卵と、タレを掛けて (掛けたかな?) 頂きます。 さっぱりした海鮮丼のような感じで、美味しいです。
このページのトップへ