きつね と タヌキ (from h2)

 前回のブログにも書きましたが、私は麺類が大好きです。 が、関東の蕎麦屋での注文で困るのは、“きつね” と “タヌキ” の使いわけです (始めは、ほんと困ります)  大阪では “きつね” といえば、うどんに揚げがはいったもの。 “タヌキ” といえば、蕎麦に揚げがはいったもの。 が、当たり前です。  大阪の “きつねうどん” の語源は、「稲荷神社の白ぎつねが、うどんの中に大好物の揚げがはいったものに、化けた」 っていうのが、始まりらしいです。 だから白い麺なのが当然。  片や “タヌキ” は、化ける代表の 「きつね」 に 対する ”タヌキ”。 すなわち、白くて太いうどん に 対する 黒くて細いそば、といった対比で名前が付いたそうです。  よって “きつね” がうどんに “タヌキ” がそば なのです。  ところが関東では、ちょっと事情がちがいます。  “きつねうどん” が大阪の “きつね”、 “きつね蕎麦” は大阪の “タヌキ”  “天カスの入ったうどんと、蕎麦” は、東京では “タヌキうどん、タヌキ蕎麦”。 どうしてこうなのでしょうか。  東京のタヌキは狸では無くて、他抜きが語源だそうで、麺以外は何も入っていないの意味なので、内容が変わってくるのです。 東京は、粋(いき) の本場なので、麺の中にごちゃごちゃと具を入れないのが粋(いき)のしるしだとか・・・ ?? 書いている本人も何を言いたいのか、訳が判らなくなって来たので ?? 一覧にしてみました。 きつねとタヌキ.jpg  たった500kmの距離の違いなのに、言葉の意味が違うというのも面白いものです。
このページのトップへ