女性専用車両に乗りました (from m2)

先日初めて女性専用車両というものに乗りました。 乗ろう!と決めていたわけではなく、たまたま電車に乗ったら女性専用車両だったという具合です。 そういえば、ホームの乗り場に明記してあったなあ、と乗ってから思いました。 2001年頃からいろいろな経緯があって設定された女性専用車両。 神戸市交通局や大阪市交通局、阪急電車などもちろん東京の方でも走っております。 これについては、いろいろな立場からいろいろな意見が出ているので一言でコメントするのは難しい問題です。 でも、せっかく乗り合わせたからには・・・ということで車内観察をしました。 満員状態でぎゅうぎゅうだったのですが、首だけをきょろきょろさせて見ておりました。 見事に女性だけです。なかなか女性だけ!という状況に身を置いたことがないので変な感じもしました。 何かの感じに似ているなあ・・・と思いを巡らせ、そうだ!銭湯、お風呂屋さんの感じによく似ていると感じました。 たまに、背の高さが飛びぬけて高い人がいると、咄嗟的に「ん!男性か?」と思ってしまいましたが、もちろんよく見ると女性の方です。 普通車両に比べて、背の高さがでこぼこでなく、均一に近い感じでした。 なので、飛びぬけて高い方がいると目立ってしまうのでしょうか。 これだけ女性の方ばかりがぎっしり集まっているという状況はめずらしく、何か良いふうに使えないかと思ってしまいました。 例えば、車内広告を全て女性向けの広告にする、女性向けサンプル品を手にとってもらうなどなど・・・と考えているうちに目的駅についてしまいました。
このページのトップへ