郵政民営化 (投稿者:saka)

10月1日、郵政民営化がスタートしました。そして、先ほど早速良くないニュースを耳にしました。『郵政3事業が民営化された1日、長野県や北海道など16道県の68局が一斉に閉鎖』という内容です。閉鎖されたのは長野県で19局、北海道で16局、鹿児島県で6局、愛知、福岡、岐阜県で各3局など、三重県でも5局が閉鎖されたそうです。三重県でも閉鎖と聞くと少し寂しい気分になりました。 民営化すれば、地方の郵便局の状況が厳しくなるのは予想していましたが、初日からこれだけの数が閉鎖するとはさすがに驚きでした。しかし、実際のところ、銀行も民間の郵便集配局もない地域にとっては、唯一の救いはその郵便局だったと思います。 まだ車を運転できる若い世代はそれほど影響を受けないと思いますが、そういう地域というのは得てしてご高齢の方が多い地域でもある訳です。若い人なら歩いて数分の距離でも、お年寄りにとってはどれほど大変か・・・その話を聞くまでは、自分自身全く関心がなかったのですが、過疎地域の方にとっては深刻な問題なんだなと考えてしまいました。 郵便局、特に簡易局の中には1日に数人しかお客さんが来ないところもあるかもしれません。それでも、その地域の住民にとっては大切で必要な郵便局だったはずです。そういう意味でも、難しいかもしれませんが今まで通りのサービスで頑張ってほしいな〜と思いました。今日の投稿はふと聞いた話題から、郵政民営化になってしまいました。(笑) 早いものでもう10月。今月も頑張っていきたいと思います。
このページのトップへ