FD大探索(投稿者:専務)

自宅用の古いパソコンの調子が徐々に悪くなってきたため

「一度、再セットアップするかな?、できればこの機会にWindows7などでもインストールしてみるか?」

と思ったのが失敗の始まりでした。

このPCはかなり古いPCがベースになっており、それに色々なパーツをくっつけてなんとかWindowsXPが動いている状態でした。

特に、OSが起動するハードディスク自体が拡張ボードにぶら下がっていたりします。

そのことをすっかり忘れて、Windows7のインストールを始めたところ・・・

「そのHDDにはWindows7はインストール出来ないよ。仮に入れても起動しないから」

とバッサリと切られてしまう状態に・・・せめてディスクをフォーマットする前に教えて欲しかったです。

 

で、気を取り直して「やっぱりXP」を入れようと思ったのですが、途中で「拡張ボードのドライバを入れておくれ」というメッセージが、「ふふ、そう思って”USBメモリ”にドライバを入れていたから安心、僕って偉いなー」なんて自画自賛していると・・・

「ドライバ入っているフロッピーディスクを入れておくれ。他は受付ないから、はい」

あー、そうでした。フロッピーでした。WindowsXPは2002年発売、2世代古いOSです。

フロッピーが、まだ、いぶし銀のにぶい光を放っていた時代です。

さぁ、じゃあフロッピーは、と探そうとするものの・・・

時は2010年、もう7~8年ぐらいそんなもの使っていません。

自宅に無いのはわかっているので、歩いて近くの実家を訪ねます。昔使っていたものが残っていると期待してですが、世の中そんな甘くはありません。

この何年間の間に自分自身が捨て去ったようです。

 

結局、一晩開けて、教室のキャビネットから何だか中身の分からないFDを取り出しました。

IPアドレスが書いてあり、二重線でそれを消しています。碓か2000年頃、OSをネットワーク復元するときに使っていたDOSディスクです。

それを、教室内で唯一FDを読み書きできるマシンに挿入し、ネットからダウンロードしたドライバを入れてみようとマイコンピュータを開いてみると。

「もうドライバが入っているではないですか?なんて便利」

なんというか、自分が忘れているだけで、何年か前に”まったく同じことをしていた”ようです。

2010052001 

まあ、人間は、さっさとそんなことは忘れていましたが、キャビネットの奥で忘れさられていたこのFDは、ちゃんと記憶してくれていたわけです。

とりあえず、ありがとう。お疲れ様でした。

このページのトップへ