仕事に就くということ(from m2)

フリーター経験者を肯定的に評価する企業は全体の3%程度で、30%以上が否定的な見方をしている、というアンケート結果が先日の新聞に出ていました。 日ごろ接している訓練生の中にも「就職氷河期世代」の方がいらっしゃいます。「正社員」という働き方をしないまま(希望するができないまま)、今までを過ごしており、今後は安定した「正社員」を目指したい、という希望をもたれていらっしゃいます。 ところが、上記のような受け皿企業のない状況では、転職活動もままなりません。 ここでの訓練やインターンシップをもとに、ひとつでも良いので、何か自信をつけていただき、パソコンのスキルや資格を身につける。そして、自分自身をよく分析し、ご自分の「働きたい」という熱意をクールに応募書類に落とし込むことが、まずは第一関門突破への第一歩と思われます。 いずれにせよ、訓練生の方々が生き生きと働くことのできる仕事に就けることを心より祈っております。
このページのトップへ