やっと梅雨らしく・・・しかし被害も (投稿者hoso)

ワールドカップ日本代表の試合も残念ながら終わってしまい、お天気も梅雨らしい雨続きになっています。 九州の方では長雨、豪雨でかなりの被害も出て、みなさん不安な毎日を送られていることと思います。心よりお見舞い申し上げます。 上野・名張も山に囲まれ大阪に流れ込む木津川水系にあたるため、現伊賀市には以下のような「上野遊水地計画があります。」 『上野遊水地計画は従来より上野盆地に常習的な湛水被害をおよぼしている湛水域540ha(戦後最大湛水域)のうち、約250haの区域に計画遊水地として大出水時に一時的に洪水を湛水させ流量調節機能を残しつつ旧上野市周辺の治水対策を行う目的で立案されたものである。 上野遊水地は、4遊水地(長田、木興、小田、新居)に区分し計約250haの有する約900万m3の湛水能力を用いて、岩倉地点で調節が行われる。このため各遊水地に1ヶ所づつ越流堤を設け本川流量が一定量以上になった場合に自然越流方式で横越流させる。 また、遊水地内の湛水は本川水位の低下に応じて各遊水地に設けた排水門により自然排水させる。』 以上の様な工事の結果、現伊賀市でも洪水の被害が減ってきたものと思われます。私はありがたいことに水の被害にはあったことはありませんが、洪水の被害は大変なものだと察します。 「自然」にはまだまだかなわないわれわれです。うまく共存できるといいですね。私たちの子ども達のためにも・・・・・・・・
このページのトップへ