名張校のhosoです。

こんにちはいつも名張校の平日の時間帯で講師をしていますhosoです。 この度、私の娘が名誉???の負傷で「入院・手術」をすることになり、7月下旬から8月下旬ごろまでお休みを頂くことも多くなり、受講生のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたします。 本人はまだ手術のあとのことは考えていないらしく、のんきにしておりますが、術後の痛みや、不便さを知ったとき・・・・・ちょっと不安です。が、この手術を乗り切れば又前の様に元気に走り回れるようになるだろうとの先生からのお話ですので、頑張って乗り切ってもらいたいと思います。 本当に小さい頃から猿の様に木に登り、小学校のうんていは体操の段違い平行棒の様に飛び回っていた娘だけに、スポーツをすることが難しくなるかもしれない・・・・「この子はこれから痛みと付き合っていかなければ行かない可能性が高い。スポーツは難しいかも」と言われた時は「どうしよう・・・」と落ち込む毎日でした。 主人とも話し合い、所属しているスポーツチームの先生、コーチともご相談して、「手術をしよう!」と決めてからほぼ一ヶ月、入院まちの日が続きました。来週「手術」成功率はかなり高いのですが、わずかに残る心配は、完全に痛みが取れないかもしれない。「その分かれ目は術後のリハビリの仕方にある。」との先生のお言葉です。あせって早めに動き始めると「痛みが残る」可能性が高いそうです。 12月には大きな大会を控えどこまで回復できるかが鍵となりますが、その前には出場をかけた「選考会」もあります。この1年はほぼ無理だと心であきらめながらも、手術をすればすぐに良くなると思っている娘の姿を見ると、辛くなります。 でもまだまだ先は長いので、本人の体の回復を一番に私ものんびり明るくしてゆきたいと思っています。 私事でみなさまには大変ご迷惑をおかけいたします。どうぞよろしくお願い致します。
このページのトップへ