癒しの空間、パワースポット探しが好きです(投稿者:ina1)

紹介コメントでスピリチュアルなものにはまっている様子とのことですが、なぜそのように紹介されたかをお話いたします。 今年に入って伊勢・志摩(松阪含む)を紹介する旅番組がたくさん放送されています。 そのマスコミの影響も受けつつ、三重県人なのに伊勢の宮川堤の桜を見たり、おかげ横丁には行くのに伊勢神宮には最近参拝していないことや伊勢神宮について余り知らないというのもと思いまして『スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ江原啓之神紀行 伊勢・熊野・奈良』を購入しました。 そんな思いの中、今年になってJさん、h2さんが的矢の牡蠣を食べに行きたいねと言う話が盛り上がりました。伊勢神宮も行ってくれるならなんて冗談で言ったら行っても良いという返事を貰いまして今月21日に伊勢神宮参拝・的矢牡蠣お食事日帰り旅行に有志で行ってまいりました。(参加出来なかった先生方、次回の企画にご期待を。) 神様にお参りするのについで参りはいけないということで朝から伊勢神宮参拝、お昼に的矢の牡蠣を頂き、帰りにおかげ横丁を散策というコースです。 saraku2.jpg 10時過ぎに宇治橋前の駐車場に到着。駐車場に入場できたのは20分後。それから宇治橋前の鳥居で一同一礼。(と、ここから沢山能書きを言った為に はまっている と言われたのかなぁ?) 君が代にも歌われている「さざれ石」のある庭を通り、御手洗場へ。五十鈴川の水は清く冷たかったです。それから滝祭神にお参りして皇大神宮(こうたいじんぐう)通称「内宮」正宮に。石の階段を登りながら、先日テレビ放送で女優の黒田福美さんが正宮で参拝し、正殿を拝見したいと思った途端に純白の絹の御幌(みとばり)が風に吹かれて正殿が見えたという不思議な出来事があったんですよ。という話をしていました。するとすると、なんと私たちが参拝していた時も御幌が風に吹かれて正殿が見えて大感激。h2さんの時は大風が何度も吹いたのはどのような意味があったのか・・・。そして荒祭宮(あらまつりのみや)にも参拝。途中の階段で「踏まぬ石」がありますので、踏まないように気を付けてお参りして下さい。それから大山祇神社(おおやまつみ) 子安神社と参拝をいたしました。 最後に宇治橋の擬宝珠(ぎぼし)を撮影。鳥居の前で一同一礼して伊勢から的矢に向かいました。 gibosi.jpg 的矢の料理旅館橘に到着したのは12時過ぎ。 飲み物を注文し、生牡蠣が食べられるか聞いてもらって2名だけ焼いて貰う事にしました。風邪引きとか体調が不十分な時は生牡蠣は止めておいたほうがいいそうです。それから揚げたての牡蠣フライから始まり御膳のさまざまな牡蠣を頂きながら、アツアツの牡蠣うどん、牡蠣鍋、牡蠣飯などお腹一杯頂きました。中居さんの吉本新喜劇でぼけ担当のような楽しい会話も良かったです。約2時間の食事時間と30分の休憩をして、またまたおかげ横丁へ出発。 kakigozen.jpg 猿田彦神社を参拝しておかげ横丁へ。赤福の五十鈴茶屋、すし久、みたらし団子屋さん、竹屋さんなどを見てちょっとコーヒータイム。亀山ローソクの上にある喫茶店へ。コーヒーの上にお抹茶を浮かべる飲み物を頂きました。それから帰宅と思ったのですが、普通の参拝コースではなかなか行きそうにない月読宮はどうします?なんてまたまた豆知識しかない私の発言。帰りが遅くなった理由は私のこの言葉が原因です。お帰りを待ちわびたご家族の方申し訳ございませんでした。 夕方の月読宮は誰もいないと思ったら、数名の方が参拝されているのにも少々ビックリ。伊勢神宮の内宮、外宮とはまた違った趣のある月読宮に一度ご参拝くださいませ。 とまあ、そんなこんなの勉強したようで実は何も判っていない頼りない案内人が伊勢神宮を紹介しました日帰り旅行でした。 tatibanasou.jpg
このページのトップへ