保育所の保護者懇談会にて(投稿者:ina2)

少し前に、一部スタッフの間で盛り上がった “日本歴史占い”、その結果が『春日局』だったina2です。 そんなことも忘れていた先週土曜日、子供の保育所の保護者懇談会がありました。 上の子と10歳も離れてしまった下の二人。。。ということは私の年齢もそれなりにそれなりの時に出産したわけで、そうするとやっぱり保護者の年齢的にも私は皆さんより少々上・・・・(かなり上、ではありません、少々。だと思いたい) 懇談会では先生と保護者が輪になって座り、わきあいあいとお話が始まりました。司会進行を担当した2人のお母さんは2人とも子供が3人目ということで、育児、保育所生活とも大ベテラン(?)の方々でした。もちろん中にははじめての子供ではじめての保育所で不安も悩みもいっぱい。というお母さんもいらして、いろんな話題が飛び交いましたが、そんな中で先生が 『初めてのお母さんは不安もあると思いますが、司会をしてくれているお母さんは大ベテランなので、何でも相談してもらったらいいですよ』 とおっしゃいました。そしたら、その司会の方が私を指しながら 『いえいえ、あちらにもっと大先輩が!』 と!!!え?私!? なんと上の子供の年齢がうちが一番上だったのです。(中学2年生) その後は、保育所のぬしだとか大先輩とかお局様とか、とんでもない言葉も聞こえる中、かなり恥ずかしい思いをした懇談会でした・・・ただでさえ双子ということで目立つので、若いお母さんに混じって小さくおとなしくしていようと思っていたのに・・・・ そうそう、MUCでも『お局様』ではありません。あくまでも占いですので(苦笑)。 ちなみに懇談会での話題になった保護者の心配事は子供の言葉遣いの悪さと、お友達に怪我をさせてしまったときの親としての対処でした。どちらも難しい問題です。それも成長の過程とはいえ、私たち周りの大人も言葉遣いには気をつけないといけないなあと思いました。
このページのトップへ