一番、日没が早い日は?(投稿者:iwaさん)

 最近は夕暮れも早くなり、暗い道を月明かりを頼りに、駐車場にある車まで足元を注意しながら歩く今日この頃。

 先日、テレビを見ていると「一番、日没が早いのは冬至ではなく、今頃なのです。」と天気解説者が言っているのを聞き。・・・・??。

 長年、日の出が一番遅くて、日暮れが一番早くて、昼間が一番短いのが「冬至」だと思っていたのですが、50年間、かってに思い込んでいたようです。

 日没が一番早いのは12月上旬、日の出が一番遅くなるのは1月上旬だそうで、「日没」と「日の出」の追いかけっこの結果、冬至に昼間が一番短くなるとのことです。それは、地球が傾いた状態で自転しながら、太陽を楕円に周回しているからだそうです。・・(1つ賢くなりました。)

 日の出と共に起き上がる私は、これからまだまだ寝坊の度合いを深めて行くことになりそうです。

 先週の今頃は、慰安旅行の真っ最中だったのですが、もう1週間も経ってしまいました。天橋立を自転車で渡り、又覗きもし、城崎温泉では外湯巡りで暖まり(足元は冷えびえ)、出石では蕎麦打ちを体験。楽しい時間を過ごしていました。早いものです。

2006_1202_134931.JPG  旅先でも写真撮影会のような状態。みんな思い思いカメラを構え「カッシャ・パッシ・パチリ」・・・天橋立の内海に浮かぶ「鴨」にレンズを向け、餌を獲るために水中に潜ろうとする瞬間を撮ろうとするが失敗。潜水した後の渦だけが見事に撮れました。・・・所詮、素人のなす業。

このページのトップへ