ちょっと硬い話。(投稿者:iwa)

 日曜日には、10cm程の積雪があり寒い週明けとなりました。昨日も昼間に、みぞれがチラチラ。寒い日が当分続きそうで、受講生のみなさんの通所が気になります。

 本校では、「パソコンWebクリエイター科」が教室での講習が終え、新しく「ビジネスパーソン科」が開講したとのこと。また、2月下旬には本年度最後の「パソコンビジネス科」が開講予定。

 私は現在、「パソコン教室にこにこ」がある建物2階名張会場で、「パソコンビジネス科」を担当しており本校に帰るのは10日程先になりますが、新しい受講生の方にお会いできる日を楽しみにしています。

 授業の合間を利用して、次の講座開設の準備をしないといけないなぁ〜と思ってはいますが、遅々として進まないのが現状です。

 話題は変わるのですが、今まで講習会場で受講生の方を見ていると、テキストの流れに沿って操作できたことに満足してしまうといったケースが多く。最終的にどのような形になり、いま何をしょうとして操作をしているか。そして自分に適した操作は?といった観点が抜け落ちていること大きな問題かなと思っています。

 実際、同じ結論を得るための操作方法は何通りもあり、パソコン初心者の方には、どれが最適かと言っても判断がつかないでしょう。テキストに多くのことが書かれていることも問題なのかもしれません。受講生の方は多くの知識を吸収しようと懸命になり、パニックになってしまうのです。

 これは講習の進め方にも問題があり、改めるべきかなとも思うこともあります。しかし、どんな仕事でも試行錯誤や失敗を繰り返して、やっと自分なりのスタイルが身に付くものであると考えています。

 私は受講生の方に練習問題をやるときは、「隣の人に聞いたり、解答は見たりせずに自分で苦労して解いてください。解らないところはテキストを見返して、どうしてもわからない時は私に訊いてください。」とお願いしています。

 そして、もう一つお願いしたいのは「休憩するときは、休憩してください」ということです。人間、緊張しっぱなしってことはできないものです。大事な時に緊張の糸が切れないように、休憩時間は休憩してください。

 ちょっと硬い話となりましたが、訓練期間の3ヶ月を無駄にしないため、お互い頑張りましょう。

 まだまだ寒い日々が続きます。受講生のみなさま、風邪などひかぬように体調管理に気をつけてください。

このページのトップへ