久々の自作PC(投稿者:専務)

密やかに、教室内PCをアップグレードしたことで複数のパーツが余ってきたり、近々、PC組み立て講習なども検討していることもあり、まずは「自分で練習してみよう」と思い立ったわけです。

それなりにパソコンの組み立てや保守も経験してきていますので、不安は無いのですが、久々にすると忘れていたり、準備不足な点もあるかと思います。
リハーサルは大事です(笑)

と思って、パーツを探していると嫌なニュースが

Intel、6シリーズチップセットに不具合、リコールへ(Impress PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110201_424059.html

せっかく最新のパーツで試そうと思ったのですが、少々肩すかしです。
でも、余ったパーツ(CPU)を活かすという大前提もありますので、いろいろ悩んだ挙句、Amazonで次のようなパーツを買い揃えました。

●ケース
何といってもケース。
組み立てやすいようにミニタワー型です。
こだわるなら電源別売りですが、普通に使う分なら電源付きで十分です。
壊れたら電源だけ買い換えます。


買ってみて失敗したのが、SATA電源が足りないこと。
次ようなケーブルを買っておけば良かったです。
やはり先に試しておいて良かったです。



●メモリ
メモリはDDR3で、できれば、同じメーカーの同じロットで揃えたいので、2GB×2または4GB×2がいいのではないでしょうか。
とりあえず、安さと安定性のバランスが取れそうなところで。



●HDD
SATA規格のものであれば、まず何でも大丈夫だと思います。
今回は、とにかく低価格で500GBを選んでいます。
お客様にお勧めするなら、2TB×2でバックアップを常にする設定でしょうか。


●マザーボード LGA775
今回は、上記の件もありLGA775です。
Asrock社は、以前に比べて妙なメーカーという印象も無くなり、ネットの評判も良いようです。
下記のものはDDR3対応のG41チップセットでHDMIとDVIの出力が付いているという点で選んでいます。
大型モニターを使う場合、VGA出力ですと滲みそうですので。



●CPU LGA775
今回は教室PCからCPUを拝借しているので買いませんでしたが、もし買うとすると、次のようなところでしょうか。
教室用、または一般のお客様であればこのクラスでも十分かと思います。
値段優先なら、CeleronE3400(これでもデュアルコア)もありかもしれません。
 

●DVD
SATAのDVD書き込みドライブとしては最廉価クラスですが、書き込みソフトも添付されておりお買い得感があると思います。



ということで、大体22,000円ぐらいです。
もし、CPUを買えば、26,000円程度でしょうか。

ショップブランドの廉価品を買えば、29,800円ぐらいですので、あまりお買い得感はありませんが、自分で組み立てるということころが”目玉”ですので妥当なところだと思います。

メモリを2GBにして、マザーボードを3,980円ぐらいまで下げれば、あと3,000円ぐらいは節約できるかもしれません。

とりあえず、2011年2月2日段階で「安価に作るとこうなりました」という例です。

早速、WIndows7(32bit)をOffice2010インストールしてみましたが、何というか「十分使える」体感速度です。

目の前のCore2Duo搭載ノートPCより快適な気がします・・・自分のものにならなくて残念。
で、組み立てたPCは、古いPCを使っている別のスタッフに渡すこととします。


このページのトップへ