りらっくまキャンペーン考察(投稿者:せんむ)

少し前の「haya-yanさん」の記事で、コンビニの「りらっくまキャンペーン」について書いてありましたが、その考察を(笑)

20ポイント貯めると、「りらっくまのマグカップ」がもらえるというこのキャンペーン、一体どのくらいのお金を使えばもらえるのでしょうか?

残念ながらローソンに行っていないのでわかりませんが、パンなどを買うと1点ということなので、とりあえず1点≒120円と換算します。これは150円で1点や200円で2点のものがあると考えたからです。

 1点=120円

120円=20点=2400円

つまり2,400円の投下をすればマグカップをもらえます。

 

では、そのマグカップ自体はどのくらいの価格なのでしょうか?

ローソンの店舗数は約8500店舗

1店舗当たり、10個ずつプレゼントするとして

8500×10=85000個

まぁ、ローソンが総発注量で100000個と考えると

1個=120円ぐらいだと思います (2色印字 黒、茶色)

それに、販促費や店舗ごとの経費を考えると

150円ぐらいではないでしょうか?

 

また、お店側の利益を勘案しないといけないのですが、正直菓子パンの利益率がさっぱりとわからないので、仮に10%と設定します。

となると

2400円×10%=240円

となります。

 

つまり、キャンペーンのためだけに、これまでローソンでパンを買っていなかった人が買ったとしても、1個あたり100円の利益があるかないかです。

ようするにマグカップの製造原価を、ローソン本体が負担するのか各店舗が負担するのも分かりませんが、どちらが負担するにしても、キャンペーンでパンが売れてもそれほどの利益が出るわけではありません。

 

むしろ、そのキャンペーンに惹かれて店舗に足を運んでもらい、ついで買い発生させようという作戦だといことが分かります。

※そんなのいちいち考察しなくてもわかるわい!とか言われそうですが(笑)

 

ということで、憶測に憶測を重ねた考察なので正確性など微塵もありまえせんが、haya-yanさんがパンしか買っていないなら、それほどコンビニ側の戦略に引っ掛かっていないと言えるかもしれません。

 

まぁ一番ありがたいのは、「サンリオ」なのかもしれませんね。

このページのトップへ