甘酒づくり(投稿者:専務)

冬場、家の中にいても寒い時がありますよね。

そんな時、厚着をしたり暖房を付けたりと方法は色々でしょうが、”温かいものを飲む”というのもよい方法です。

子供の時から、冬の温かい飲み物といえば「しょうが湯」と「甘酒」ですが、しょうがが苦手な家族がいますのでもっぱら「甘酒」になります。

でも、この甘酒、スーパーで売っている”温めればすぐ飲める”品は値段が高く、気軽に飲むことができません。

そこで買ってきたのが、この「酒粕」です。

2010012705.jpg

もちろん、行くところに行けばもっと大量で安く買えるのでしょうが、ちびちび飲むにはこれで十分です。

個人的に「少し薄め」「砂糖少な目」「熱々」が好みのため、好きなように味付けできるのもポイントです。

ほんの少しアルコールが含まれているようなので、教室でお客様に振舞うのは難しいと思いますが、ぜひ家で作って、”ぬくぬく”と過ごしていただきたいと思います。

 

 

ちなみに、最近、箱買いしたのは「DHCのセントジョーンズワード」。

西洋弟切草?で、外国では鬱っぽい人が飲むようです。

私は鬱では無いですが、正直ぐったりすることもあるので、毎朝仕事前に飲むとやる気の下がり方が緩やかになるので助かります。プラシーボ効果かもしれないですが(笑)

DHCは成分量の割に、以上に値段が安いので助かりますね。10袋、どどん!と買いました。

 

このページのトップへ