デカい!テトリス!(投稿者:専務)

気が付いたら、ご無沙汰してしまいました。
最近、何気に忙しくて更新もままなりません(苦笑)

教室も受講中の方ばかりでなく、問い合わせもたいへん多くて、うれしい悲鳴です。
数多くの教室の中から、当スクールを選んでくださった方には本当に感謝です。

さて、つい先日、家族がライブに行くということでとあるところまで車で送っていきました。
しかし、子供と私は見るわけでも参加するわけでもないため、終わるまで時間をツブす必要があります。

そこで選んだのが大型ショッピングモール。

不必要なぐらい多くのお店と、よくわからない施設があったりしてなかなか楽しめるスポットです。

ところが、入店した途端、子供が釘付けになったのはゲームコーナー?(今は何て言うのですかね・・・)
で、なぜかお気に入りの”太鼓の達人”にまっしぐらです。
「ねこまっしぐら」も、このぐらい効果があれば爆発的に売れるでしょう。

とはいえ、小さな子供と一緒にゲームにふけるお父さんと言う絵も、20代ならともかく、30代中後半になると一種変人です。

近くで、なんだか”ついていけない感”を出しながらぐったりしているので似合います。

と思いきや、すぐそばに見慣れない筐体を発見。

その名も「デカいテトリス!」そう「デカリス」です。

デカリス公式サイト

20100315.jpg

子供に100円を渡して、太鼓の達人に並ばせている間、1000円札を崩して100円玉×10を作り、誰も並んでいない筐体に投入。プレイ開始です。

うーん、基本的に子供や友達と行うパーティゲームなのか、操作性は独特というが難しい。
大体、4方向にしか動かないものですから、スティックより他のコントロールのほうが操作しやすい。
いっそ、身体のモーションに反応するほうが楽しかったかも。
うろうろしながら、その場でくるりと回ると回転するとか・・・

最初、少し気恥ずかしかったのですが、ひとりでやっている自分を客観的に想像するとだんだん面白くなってきます。

特に、あの物悲しい定番BGMから、時々イラッとするようなアイドル調BGMに変わっているところが、ミスマッチ感全開で、SEGAの無駄な本気度が伺えます。

まあ、ゲーム自体は定番中の定番なので、特にコメントは無いんですが、いつものものがただ大きいとか単に数が多いとか、そういうのは非日常感が出るので、気分転換には良いですね。

前年ながら、伊賀地域内には無さそうですが、お出かけの際に見つけたら、ぐるぐる回してみてください。

このページのトップへ