別にそこでしなくてもいいのでは・・・(投稿者:専務)

今日は、朝から新しい教室への荷物運びを業者の方と一緒に行っておりました。

朝8:30。すでに、いい感じでサウナ状態となっている倉庫にて、黙々と運び出す什器を整理し入口付近にまとめます。
もう、汗がダダ漏れ状態で、あと一時間も続けていたら脱水症状確定の勢いです。

その後、倉庫から教室Aへ向かい、荷物を下ろしたら教室Bへ向かいと、なかなかの働き者です。
毎日このぐらい熱心に働いていたら私の株も多少は上がるのかもしれませんが、一生懸命なところを見られるのが嫌いなので、お茶を飲んで昼寝をしているイメージで突き通したいと思います。

まあ、そんなこんなで、何とか荷物を運び入れたわけですが、気になった出来事がひとつ。

移動の際に、何度も国道一号線を走るのですが、ところどころに温度計があり、御存知の通り極めて暑い状態で「36」「37」という数値がチラチラするわけです。

そんな数値を見ながら「暑いなー、クーラーの効いたスタバでコーヒーでも飲もうか」なんて思いながら、ロードサイド店を掠めていった瞬間!

なぜか外でPCを使っているサラリーマン風の人を発見!!
長袖とパンツの裾を撒くっています。

いや、別にイイんですよ。スタバでPCを使うのは普通ですし。

でもです、パラソルの影以外何にも無い、車がガンガン通る一号線のロードサイド店。
多分、実際の体感温度と排気ガス等による息苦しさは半端じゃないレベルのはずです。

別に店が満席にも見えなかったので、わざわざ外に出ているのだと思うのですが、否定はしませんが理解できません。

そもそもこの外気温の中、普通のPCだと熱暴走したり、へたをすると故障する可能性があるわけですから、涼しい店内でお使いいただいたほうが、色々と幸せ度も高まるはずです。

ということで、盛夏に外でパソコンをしたり、車の中に放置するのは避けたほうがいいのではないか、というお話でした。
このページのトップへ