王将の地域価格とそば(投稿者:専務)

今日から、某市でのパソコン講習が始まりました。
年内の日曜日ごとに開講されます。

「定員が増えたから、パソコン追加よろしくね」

とのことで、たった一台のノートPCを運ぶべく、6:00から約70kmの距離をひた走ります。
そもそも昨日の夕方に追加の話を聞いて、運動会から帰ってきたグダグダの状態で休日出勤し、OSのセッティングから何から何までで、深夜2:00まで要したことを軽くアピールしておきたいところです。(苦笑)

ミントタブレットをバリバリと食べながらで無いと眠ってしまいそう・・・zzz

【靄がかった新名神 なかなかの景色】
2010091902.jpg

途中省略で、一仕事が終わり昼食タイム。

「そう言えば、駅前に王将あったよね。たまにはしっかり食べるか」

と思い、WEBで検索。

【餃子の王将】
http://www.ohsho.co.jp/index.html

餃子の王将のWEBサイトを見たのはこれが初めて。
全国展開と思いきや、関東以北と九州南部はほぼ無い様子。
まあ、本部が京都ですからね。

で、気づいたのがメニューの価格差。

「・・・明らかに関東が高い・・・」

さすが世界トップクラスの経済圏で物価高の地域です。
三重の田舎と比較していけません。

こちらが200円なら、あちらは220円。10%高いです。
チャーハンなら三重は350円、東京は400円。15%弱ほど高いですね。

関東では、550円だけ握ってチャーハンと餃子を食べようと入店すると、皿洗いでもしないと出てこられない計算です。

同じ看板を掲げた店でも地域によって値段設定が異なることはよくあることなので、別になんとも思いませんが、王将の値段が違うことは初めて知りました。

で結局、お昼ごはんは なぜか”そば”(夢創庵 信楽)

炎天下の中、約一時間待ちで入店して食べました。

実は二回目。前回は気づきませんでしたが、入り口に今上天皇の写真が飾ってあります。
意外に有名なのかもしれません。大体並んで入りましたし。
前回は太打ちだったので、今回は細打ち。結果的に、個人的には太打ちが好みでしょうか。
盛りで900円と少々高いですが、100%地元産のそば粉で手打ちなら、こんなもんかなと思います。
帰って、食べログをみると「つゆが少ない」とかいう声もありました、あの量なら十分足りるかと思います。半分残りましたよ。
まあ、そばそのものより、最初に出されるそば茶とそばクッキーが食べたくて寄ったようなものですけど(笑)

また信楽経由で移動する時は立ち寄ってみたいと思います。


このページのトップへ