挑戦。さらに挑戦(投稿者:社長)

今日は、予定していた用事がキャンセルとなり、時間が開いて来たので勝手に登場。  会社へ来るまでの40分間は、色々と考える貴重な時間となっています。 今日は、ワープロ教室(古いですよネ)を開校した頃。約20年前を思い出しました。  今でこそ、私共の教室で各種の検定試験が受けられますが、 当時の上野商工会議所では試験の実施すらされていませんでした。  ですからワープロ検定を受ける度に、ワゴン車に受験生を乗せ、 さらにはワープロ(富士通製)本体ととプリンターを乗せ滋賀県の各試験会場を転々としました。  F/Cグループの教室で受験する時のみ、そこには機材が揃っていましたので 機械の持ち込む必要は有りませんでした。ただ、使い慣れた書見台のみは 持参し試験を受けさせて頂きました。  帰りには、いつもマクドナルドのハンバーガか、ケンタッキーのフライドチキンを買い、 車の中で皆が食べながら滋賀県から上野市まで帰ったものです。    1年間に3回位の放浪する受験生・生活を2年程やっていました。 その後、ようやく商工会議所も動いていただき、私共の教室で受験する事が出来るようになりました。  それから10年後、今のJ講師が学業を終え上野市に帰ってまいりました。 そして教室運営に携わり、教室名がMUCカレッジと変わり新たに出発しました。  それから1年後、土曜日になるとJ講師も車にパソコンを7,8台乗せ、公民館への 出張講習を開始しました。・・・その後はMGRも加わり老人会などの出前講習もやりました。    10年前の私と同じように、新しい扉を開く為には色々な事に挑戦が必要なんでしょね。 当時は未だ、市町村のIT講習会も始まっていない頃でした。  いつも、新しい扉を開く熱意を持ちたいものです。  最近、夢を感じられないイヤな事があったものですから、昔の事を思い出し 新鮮な気持ちで滋賀県から会社までの40分間を過ごしてまいりました。  今年は、夢をいっぱい持った仲間が出店いたします。・・・乞うご期待を
このページのトップへ