環境問題 (投稿者 mura)

今年の冬は暖かい日が続いています。 でも暖かいから過ごしやすいなぁなんてのんきなことは言っていられません。 地球温暖化が進んでいます。 だんだん地球がおかしくなってきているんだぁと思うと漠然と地球の将来、ひいては自分の将来までもが不安になるmuraです。 地球温暖化の現状は、一般に知られているよりずっと深刻な問題だそうです。 地球温暖化とは・・・「温暖化ガス(二酸化炭素(CO2)など)が大気中に増えることによって地球の平均気温が上昇する現象」です。温暖化ガスは、光は通すが熱を蓄える性質を持っているため、温暖化ガスが増えることで地球が大きな温室の中に入れられたような状態になります。 温暖化ガスの大部分を占めるCO2(二酸化炭素)は、家庭で使う電気、ガス、ガソリン、灯油などを消費することによって発生しています。また、食品や日用品などを生産、運搬、廃棄後のごみの処理など、あらゆる場面においてエネルギーが使われ、CO2が発生しています。 日常生活の中での様々な活動が、温室効果ガスを増やし温暖化の原因になっているのです。 では普段の私たちの生活の中で出来ることはいったい何か? ● 使っていない場所の照明はこまめに消す。 点灯時間を1日1時間短縮すると(56wの場合) 1年で平均7.1kgのCO2削減効果(約450円の節約効果) ● テレビを見ないときは消す。 つけっぱなしを1日1時間なくすと(28型の場合) 1年で平均14.7kgのCO2削減効果(約940円の節約効果) ● こたつの設定温度は低めに設定。 設定温度を強から中に下げると(1日5時間使用) 1年で平均17.6kgのCO2削減効果(約1,130円の節約効果) ● 冷蔵庫に、物を詰め込み過ぎない。 物を整理していれた場合、詰め込んだ場合と比較し 1年で平均24.6kgのCO2削減効果(約1,570円の節約効果) ● 電気炊飯器やジャーの無駄な保温はやめる。 炊飯器の保温を1日6時間減らすと 1年で平均23.7kgのCO2削減効果(約1,515円の節約効果) などなど、調べてみると電気についてだけを見ても簡単に出来そうなことがたくさんありました。 でも、これを見ているとCO2削減というよりも家計を節約するような感覚です。 節約=地球温暖化対策になるなら、多くの人はもっと身近にこのことを感じ、少なからず取り組むのではないでしょうか? 今までは、地球温暖化対策なんて個人レベルでは無理と思っていましたが、多くの人の小さな積み重ねが大事なんだなと思うようになりました。 他、レジ袋を廃止する等。配布されるレジ袋の約3割がゴミ袋などに再利用されることなく、廃棄されているそうです。消費エネルギー問題、ゴミ増加問題、ゴミ焼却に伴うCО2排出。レジ袋の削減は急務で、今注目を集めているそうです。 ということで、muraも環境問題に取り組もうと、某食品メーカーのシールを集めて「お買い物エコバックプレゼントキャンペーン」でエコバッグを貰おうと頑張っている最中です。 でもこれってよく考えたら、台紙貰ってきて、シールを貼って・・・・このキャンペーン自体も資源の無駄使い??ですよね。。
このページのトップへ