会計数字

先日、コースカリキュラムの中で、「会計」の講義がありました。 最近はB/S(賃借対照表)、P/L(損益計算書)などを見る機会も減り、久しぶりの簿記でした。 ちょうど時期を同じくして、ある経営者のお話をうかがう機会がありました。 海外の中小企業の経営者はほとんどB/S、P/Lが読めるのに対して、日本の中小企業の経営者はまだまだよくわかっていない人が多いとのことでした。 経済や資金の流れがわかっていると、銀行との取引もやりやすくなり、商売もしやすくなるとのこと。 今は直接業務に関係しなくとも、興味を持って数字を見ていきたいと思います。
このページのトップへ