期待と不安(投稿者 専務)

先週の参院選の結果は、驚いた方も多かったんじゃないでしょうか? 本当は職業柄、政治の話はだめなのですが、特定の党を応援しなければ、一般論くらいは抵触しないので大丈夫でしょう(笑) ※この点、どう考えても、仕事柄応援したりしてはいけないところが、組織をあげて応援しているときがありますが、あれは選挙違反じゃないのかなぁ・・・ さて、政権与党が惨敗した選挙ですが、この後、多数の議席を確保した民主党がどのような振る舞いをするかで、せっかくの確保した議席=国民の期待に答えるか、裏切るかが判断できるでしょう。 これまで「審議拒否」など国会戦術が過ぎ、その点で叩かれることが多かった民主党ですので、良識の府、参議院第一党として、まさに、良識を見せてもらえることを期待したいと思います。 個人的には、マスメディアも政治家も「政権交代」を急がず、次回の衆議院選挙に、自民党と民主党を2大政党として評価し、投票できるような環境作りをして欲しいと望みます。 別に安倍政権を応援しているわけじゃないですが、アメリカのNY株価が大幅下落を受け、日経平均が下落しているときに政局をつくりだすと、経済は少なからず混乱する訳ですから、それこそ「美しい国」も「生活第一」もへったれもない訳です。 ※企業収益は労働収入中心の日本では、生活に直結しますからね。 まぁ、それがわかっているから、ぶつぶつ言いながらでも、続投OKなんでしょうけどね。 ここからは個人的な意見ですが、ここで政権交代とか言って、国会審議そっちのけで、マニフェストもどこかへ行ったような態度を民主党が取ったら、それこそ2度と投票なんぞしてやらないぞ!
このページのトップへ