算数 (投稿者:risu)

「お母さん、この問題分からへん」と持ってきたのが算数の文章問題。

問題を簡単に書くと

「500円のみかんを買います。250円のカゴに入れてもらいました。
代金はいくらでしょう?」

私:「何処が分からないの?」

子:「このカゴが何で出てくるか分からんねん」

私:「どういう意味?もうちょっと詳しく分からない理由を言って」

子:「買い物すると スーパーの袋とか、エコバッグに入れて帰るやん?
   なんで カゴが出てくるの?」

(そこ?そこが分からないというの?)

私:「・・・・。 
   じゃぁ、500円のみかんと250円のカゴを買いました。
   代金はいくら?」

子:「750円」

私:「正解!出来てるやん!! そういうことよ」

(よかった♪ 分かってるやん♪)

子:「え~。でも、買い物って スーパーの袋かエコバッグに入れて帰るから
   500円かもしれへん」

私:「?
   カゴに1回入れて、出して、みかんだけ持って帰るの?」

子:「うん。エコバッグ持ってるし」

まだ こだわっている・・・。

これは算数の文章問題。

普段の買い物風景を思い出さなくていいです!

結局、
私:「おばあちゃんへのプレゼント用でキレイにラッピングするために
   カゴに入れてもらうのかもよ」

子:「あっ!そういうことか!じゃぁ、750円やな♪ ありがとう!」

なぜ、物語にしないと解けないのでしょうか?

先々不安な母でした。

このページのトップへ