VistaやOffice2007はおもしろい!らしい(投稿者 J)

え〜、意味不明な投稿を書いたばかりですが、ここからは明るい話題というかそれっぽい話題を、と思います。 さて、VistaとOffice2007の発売が迫ってきた(いや、延期で遠のいたのか?)訳ですが、賛否両論異見噴出の状態であるかと思います。 「これ、おもしろいね!」「かなり変わったけど、合理的だね」「なんかウィンドウが透明になるらしいじゃない」 これは、内覧会でいただいたお客様の声なのですが、僕はこれを聞いたとき「マイクロソフトのユーザーラボもやるなぁ」と感心しました。 我々はMOTSのうちの一校なので、若干ながらもマイクロソフトからの情報が入るわけですが、今回のVistaもOfficeも「効率を上げる」というのがポイントだと聞いていました。 少ない手数で効率の良いデータを作成し、余った時間をコミュニケーションや思考に利用し、全体の生産性を上げるというものだと理解していました。 しかし、市場がVistaやOffice2007を冷ややかな目で見ている状態だと感じていますが、最終利用者であるユーザーが「これ使いにくなぁ」と言わず、理屈っぽい説明(生産性が上がるとか)抜きで楽しそうに操作をしているのを見ると、「意外にいけるんじゃないか?」という気になってきました。 実際、マシンパワーさえあればという条件付ですが、新機能を中心にして作ったプレゼンテーションは大好評でしたし、ワードなどの文書作成もスムーズになったと感じています。(罫線は煮込み不足かな) 結局、人は論理だけで商品を選んでいるのではなく、感情的なものの方が大きいわけですから、例え出来が少々悪くても、「欲しい」という魅力があれば十分売れてしまうような気がします。 (そうじゃなきゃ、エルメスもプラダも、その手のブランド類はここまで売れないでしょう) ちなみに、Office2007で作成した文書はこれまでのOffice2003ではそのまま開けません(そのそもファイル形式が違います)、よって旧OFFICEで開く場合はコンバータが必要です。 スタッフの皆様は一度お試しください。 「おっと、こんな機能が追加されているんだ」と思うはずです。 あっ、これは2003にですよ。
このページのトップへ