Windows Live Writer で Movable Type にブログ投稿

スタッフの間の会話

「教室のブログ、たまには投稿しないと」

「でも、あれ、いちいちログインしたうえ、操作が面倒くさい」

「ブログ投稿用のソフト使えば良いじゃない、Windows Liver Writerとか」

「そんなのあるんだったら、早く教えてくれたらいいじゃない」

 

ということで、今さらながらブログ投稿用ソフトの「Windows Live Writer」の紹介です。

実は、過去何度も取り上げているのですが、そこはスルーされていたようです。(笑)

教室のブログは「Movable Type」と仕組み(ブログソフトウェア)でできており、Windows Live Writerの標準機能にて、記事の作成と投稿ができるようになっています。

もちろん、有名どころのブログサービスのへの投稿もできるようになっています。(goo アメブロ FC2 ココログなど)

せっかくの機会ですので、セットアップについて、簡単にですが取り上げてみます。

 

環境:WIndows7

1. 「スタート」ボタン → 「はじめに」 → 「Windows Live」をクリックします。

※「はじめに」が表示されていない方やXPなどの方は、ブラウザーを開き「Windows Live Writer」と検索してください。

2011052001

2. Windows Live Essentials(Windows Live Writerを含む、サービスパッケージ)ページが表示されますので、「今すぐダウンロード」というボタンをクリックします。

2011052002

3. 「ファイルのダウンロード -セキュリティの警告」メッセージが表示されますので、「実行」をクリックします。

2011052003

4. ダウンロード終了後、自動的にインストールが始まります。

※UACが働くことで画面が一度暗くなり、利用者の操作を待つ画面が表示されることもありますので、その際は先に進める類の操作を行います。

2011052004

5. 「インストールするプログラムの選択」ダイアログボックスが表示されますので、考えるのが面倒な方は「推奨」をクリックすると、Windows Live関連のプログラムがまとめてインストールされます。

2011052005

6. インストールが実行されるまで、しばらく待ちます。(数分~十数分?)

2011052006

7. インストールの完了を待ち、「スタート」 → 「Windows Live」 → 「Windows Live Writer」をクリックします。

2011052007

8. 初回の起動画面は「次へ」をクリックします。

2011052008

9. 自分が使っているブログサービスを選択します。一覧に表示されていないものは「他のサービス」を選択します。教室は「Movable Type」というサービスを使っています。これは一般的なブログソフトウェアの為、「Windows Live Writer」で対応していますが、このダイアログボックスの一覧には表示されていないため「他のサービス」を選択します。

※自分のブログサービスが対応しているかどうかは、「Windows Live Writer “ブログサービス名”」でネット検索するとわかる可能性が高いです。

2011052009

【ここから Movable Type専用】

10. Windows Live Writerはそのままに、別にブラザーを立ち上げMovable Typeにログインします。

ログイン後、自身の画面に表示される「プロフィールの編集」をクリックします。

これは、Windows Live Writerからブログを投稿するためのパスワードを入手するためです。

2011052010

11. 表示されたプロフィールページの「設定グループ」にある「Webサービスパスワード」の“隣”にある、内容を表示をクリックします。

2011052011

12. 表示されるメッセージにあるパスワードを控えて、OKをクリックします。

ブラウザーは不要であれば閉じてください。

2011052012

13. Windows Live Writerに戻り操作します。

  • ブログのWebアドレスを入力します。
  • ユーザー名を入力します。(Movable Typeにログインするユーザー名です。)
  • パスワードに、先ほど(Step12)控えた Webサービスパスワードを入力します。
    ※次回からの入力が面倒な方は、「パスワードを保存する」をチェックします。

2011052013

14 自動的に色々設定しようとしますが、なぜかうまくいかず、下記の画面が表示されますので、リモート投稿用のWebアドレスを設定します。

これは、MTをインストールしたpathを入力します。大抵の方は「ドメイン名/mt/ここはそのまま」では無いでしょうか。

教室の場合は「http://muccollege.co.jp/mt/mt-xmlrpc.cgi」です。

入力後は「次へ」をクリックします。

2011052014

15. ここまで進めますと、自動的に設定してくれます。

2011052015

16. 完了のメッセージ「ブログが構成されました」と表示されます。

ニックネームの変更が必要な方は入力し直してください。

「完了」ボタンをクリックします。

2011052016

17. 記事の入力画面が表示されます。

ある程度、Wordの操作ができる方であれば、簡単に編集できます。

最後に「投稿」ボタンで、記事が投稿できます。

2011052017

 

また、機会があれば操作方法も解説したいところですね。

※本投稿も、Windows Live Writer で行っていますよ。

とりあえず、お疲れ様でした。

このページのトップへ